私には小学生の子どもがいるのですが、小学生の子どもの英語教育で一番良い選択肢は、公文英語とオンライン英会話のダブルでの勉強だと思っています。子どもの友達には北千住の英会話教室に通っている子が多いのですが、彼らは、なんとなくの英語での会話はできるのですが、まだまだごく簡単な会話しかできません。文法もきちんとは理解していないので、習った言い回しで単語を変えるぐらいしかできません。正直、何年も英会話教室に通っていて発音はいいものの、この程度しか英語が話せないんだなと思うことが多々あります。一方、公文英語を勉強している子は、文法も理解し、語彙力もだんだんついてきます。英語の文を読んだり書いたりすることができ、イーペンシルのおかげで、リスニングも意外とできます。でも、外国人の先生を前にすると、英語がなかなか出てこないのです。私は、「知らない英語は出てこない」と思うので、たくさんの英語の文に触れて、語彙を増やし、わかる文章を増やしていくことはまず必要だと思っています。ただ、それをアウトプットする機会がないと、せっかくの知識はあっても、すぐに英語として発することができず、結局英語が話せない状態になってしまうのです。そこで、おすすめは公文英語とオンライン英会話を併用することです。オンライン英会話はアウトプットの機会として利用するもので、知識として頭の中にある英語を実際に口に出してコミュニケーションをとることで、話すこともできるようになることを目指すためのものです。別にオンラインである必要はないのですが、すでに公文で費用がかかっていることもあり、オンラインなら低価格のため経済的にも続けやすいのではないかと思います。公文英語とオンライン英会話なら、両方合わせてもおそらく1万円以内で受講でき、週1回英会話教室に通うのと同じぐらいの費用で済むのではないかと思います。公文英語でどんどん英語の文章を読めるようになっていき、同時にオンラインで話す機会が増えていけば、英語に自信が持てる子が育つのではないかと思っています.

pr|住宅リフォーム総合情報|健康マニアによる無病ライフ|クレジットカードの即日発行じゃけん|英語上達の秘訣|内職 アルバイト|童話|心の童話|サプリメント|お小遣いNET|SEOアクセスアップ相互リンク集|マッサージのリアル口コミ.com|GetMoney|JALカード|生命保険の選び方|貯蓄|英語上達の秘訣|アフィリエイト相互リンク