学生時代に習った英語をもう一度やり直したい、そう思う社会人は数えきれないほどいます。
現に、書店には数多くの英語学習本があるし、英検やTOEICなどの英語関係の試験を受ける人数も増え続ける一方です。
やれば世界が広がるとわかっていながら、今いち始めるきっかけが掴めない、やろうと思ってテキストをそろえても三日坊主を繰り返してしまう、それはどうしてでしょうか。

 

苦手だった教科をやり直すにはパワーが必要です。
筆者も長年英語を学習しながらも、なかなか上達しないことにものすごく苛立ちを感じました。
どうしたら英語が上達できるのか。何をすれば身につくのかいつも疑問でした。

 

一つ気づいたのは目的意識をもつことです。
英語を習得するという大きな目的をもち、それを実現するために小さな目標を立てることです。
例えば、ラジオ講座やEテレ講座を見てみるといいと思います。Youtubeでもたくさんの方がフレーズを紹介してくれたりしています。

 

一日ワンフレーズでも覚えると一週間で7つも使える英語ができるんですよ。さらにその言葉が自分が普段から使えるものだとかなり役に立ちますよね。机上の学習だったものが実用できると、嬉しくなるしもっと知りたくなり、継続にもつながってきます。
その気持ちを持てば一つ目の目標が達成です。次の小さな目標を作ってコツコツと積み上げていきましょう。